緊急避妊薬アイピルを正しく飲んで望まない妊娠をしない

妊娠しないように性行為の際は多くの人がコンドームなどを男性につけてもらい否認します。

しかしコンドームの避妊率を知っている人もいるかと思いますが100パーセントではなく80パーセントなのです。

万が一に備えてアイピルがお守りになってくれます。

緊急避妊薬としての働き

緊急避妊薬と聞くとどのような効果があるのかと不安になってしまうかもしれませんが、それほど不安になる必要はないのです。なぜなら避妊に失敗したときにあとから飲んでも間に合う避妊薬というだけであって、緊急と付いていても驚くことはありません。性行為をする前に通常は避妊薬は飲むと思うのですが、この薬の特徴は72時間以内に服用すればその効果を発揮させることができます。

72時間がリミット

時間的な制約は72時間です。この薬は72時間を過ぎたとしても避妊効果を発揮してくれるとは言われているのですが、実際は確率が下がってしまいますので、早めに服用したほうが確実な効果が期待できるというのです。24時間以内に服用すれば95パーセントの確率で避妊することができますし、72時間いないとなれば75パーセントまで確率が下がってしまいます。ですからもし確実に避妊していなかった、出来ていない事実があったのであれば、ためらわずに早めに服用することをおすすめします。

失敗せずに服用するには

しかし失敗してしまう人も中にはいます。確実に避妊できる緊急避妊薬であるとは言っても失敗してしまう人もいるのです。妊娠をしないようにしようと思って服用したのにも関わらず失敗してしまうというのは辛い話ですので、失敗しないようにする必要があります。失敗を防ごうと思ったら飲むタイミングをしっかり守ること、それが重要です。そして入手ですが、この薬は日本では医療機関で処方されていません。そのために実際に飲んでいるという人は海外から輸入している可能性が高いでしょう。海外では処方箋なしでも購入することができる薬ですので、処方箋なしで販売されている薬を逆輸入するという形になります。自分で輸入するというのは大変ですし、サイトも英語やその他の言語ですので言葉に長けている人でなければ難しいでしょう。しかし、いまは便利なサイトがあります。あなたの代わりに海外から輸入を代行してくれているサイトがありますので、そちらのサイトを利用すればいいのです。このサイトを利用すれば普通に国内で普段通りネットショッピングをする感覚で購入することができるので、簡単に手に入るでしょう。緊急時に今から購入していたのでは間に合いませんので、前もって準備しておいて普段はお守り代わりとして持っていると安心かもしれません。そうやってお守り代わりにして持っている女性は多くいます。迅速に対処しなければ一刻を争うことですので、そこから輸入代行業者に依頼して購入していたのでは遅いのです。それが失敗を少なくするリスクを減らすことにつながります。

服用時の注意点は?

服用をする際にも注意しなければいけないことがあります。薬ですので何かしらの副作用はあると思っておいたほうがいいのですが、例えば服用してから3時間以内に嘔吐する人がいます。嘔吐だけでなく下痢をする人もいるのですが、そのような場合は十分に体に薬の成分が入っていない可能性があり、効果がなくなっているかもしれません。もしすぐに嘔吐下痢をしてしまった人は飲んでも吸収されないうちに排泄された恐れがありますので早めにもう一度飲み直すことが必要です。意外と嘔吐したままにしておいて、効果があると思っている人も多いのですが、吐いてしまった、下痢をして排泄してしまったら効果が現れる前に体の外に出た可能性は十分にありますので、その場合は飲んだ意味がなく、避妊していないので注意が必要です。

服用にあたって

これから服用を検討している人は服用する際は、性行為からだいたいどれくらいの時間が経ているのか、飲んでから嘔吐や下痢の症状はないか、正しく体の中に吸収されているのかどうか、確かめた上で経過を観察する必要があるでしょう。それを怠ってしまうと、せっかく飲んだとしても意味がないのです。なぜ体の中に吸収されなければ効果がないのかは説明は必要ないと思いますので、よく意味を理解した上で服用する必要があるでしょう。正しく飲めば確実に避妊することは可能ですが、正しく飲めていない場合は効果がないといっても過言ではありませんので注意しましょう。性行為後すぐに飲むこと、きちんと飲めているか吸収されているか確認することは怠らないことです。

緊急避妊薬として女性から支持されている薬ですが、正しく服用しなければ意味がありません。いくら服用したとしてもそれでは効果がないのです。